”思い込み”と”ブロック外し”が人生を変える

抗がん剤治療中も地味にブログを書き続けていましたが、治療が終わって元気になって、ついでにやる気も出てきたらブログが疎かになってしまいました(笑)

書きたいことはいっぱいあるのですが、書きかけてやめた残骸が多々。いつかちゃんと続きを書いて成仏させてあげないとなりません。

さて今日は、”思い込み”と”ブロック外し”が人生を変えるという話を書きたいと思います。

目次

人間、初めての経験は怖い

やったことないことって、正直怖いです。

死が怖いのも体験したことがないから。ついでに、「死んだらこうだったよ」と教えてくれる人もいないし。

死後の世界がめっちゃ楽しい!ってことが分かったら、結構死んじゃう人も多いかもしれません。

死後の世界がどんなふうか教えてくれる人はいませんが、会社員辞めて起業したらどんなふうか、みたいなことは幸いにも人から聞くことが出来ます。

先日、起業したい人を集めたワークショップで、「成功したいけど成功が怖い」「起業したいけど起業が怖い」という話がありました。

「成功が怖い」というとピンとこない方も多いと思いますが、「起業したいのに、起業するのが怖い」という気持ちは想像できると思います。

私もめっちゃ怖かった!

それなりに会社員としてキャリアを積んできてましたし、そのキャリアを捨てて起業した後、万一後悔してももう戻れない。それが怖かった記憶があります。

一番怖かった時期は、あなた商品化起業術の最後のコース「顧客獲得型セミナー」のセッションが終わる頃のこと。

それまでは「今準備中だから」ということで、決断を先延ばしに出来たわけです。

が、このコースが終わってしまうと、あとは「起業するか、しないか」だけ。まさにTo be, or not to be. 自分で決めないとならない、その現実が来てしまうのが怖かったのです。

私ホントに出来るのか?という人が出来るようにならない理由

ちなみに私の場合ですが、不思議なことに、否応なしにという感じで流れが起業に向かっていきます。

現実と向き合うのが怖くてセミナーの完成が怖かったのですが、完成直前、ある方から「自分がやっているワークショップの場でセミナーやってもらえませんか?」というお誘いがあり、迷う間もなくセミナーをやることになってしまいました。

そしてやってみたら大好評。まだ起業もしていないのに、「ビジネスサポートしてくれないか」というお誘いまでいただきました。

セミナーひとつとってもやってみるまでは本当に分からない。でもやってみたら出来た。そんな感じです。

さらにそこから1-2か月後、売るつもりもなかったZoomトークから60万円以上のコンサルが売れてしまいます。売っちゃったら仕方ない!あとは大汗をかきながらやるのみでした。

なので、怖がりつつも動いてみたら「あれ?出来た??」みたいな感じで進みました。超ラッキーなスタートでした。

でもこんなチャンスがすべての人にあるわけではないですよね。

やってみるまでは本当に分からないんです。だから不安。でも逆に、絶対にうまく出来ないという断言も出来ないわけで。

不思議なことにものごとは「出来るかどうか不安になっている」うちはうまく出来ないんだそうです。

出来るようになっていない」⇒「だから出来ると思えない」⇒「不安なままやる」

不安なままやるからうまくいかない。。。

逆に言うと、「私には出来る」って思えるからうまく出来るってことにもつながります。

脳をだまくらかす

書いていて思い出しましたが、初めてのセミナーがめっちゃ怖かった時、アファメーションというものを教えてもらいました。

うまくいったときの状況を思い浮かべ、それを言葉にし、1日に何度も唱えて脳に言い聞かせる。。みたいな。

ある方が言葉を一緒に考えてくれて「セミナーは大成功してみな喜んでくれています。そして信じられないようなオファーがどんどん舞い込んできます」。そんな言葉だったと思います。

アファメーションのコツは既にその現実が出来上がっているように話すこと。

「〇〇しますように」「○○になりたい」ではなく「〇〇が出来ている」「〇〇になっている」のように、すでに成功した状態を脳に言い聞かせるのがポイントだそうです。そして成功したときのイメージを出来るだけ鮮明に、詳細に持つと良いようです。

前半の「セミナーは成功し」はその通りになりました。「信じられないようなオファー」は無かった。。と書こうとしてましたが、「サポートに入ってくれませんか?」がそのオファーだったのかも。

要は言葉で「脳をだまくらかす」「脳に信じ込ませる」のが重要みたいです。脳には妄想も現実も区別がつなかないのだそう。

「自分には出来る」と思えるまでひたすら妄想する。唱える。

間、「自分には出来る」と思えることだけがやすやすと出来るのですから。

「起業したいなー」ではなくて、「すでに起業してこんな状態になっている(私の場合、とにかく時間の自由が欲しかったので、そのイメージを持ちました。それは実現しています。)」ということをひたすら思い浮かべる。そして口にする。脳に言い聞かせる。

幸いなことに、この方法はなんと!「無料」です(笑)時間も手間もたいしてかかりません。

心のブロックを外す

そんなこと言ったって、自分にはムリだよ。。そう思っている時、多分あなたの脳が変化を拒んでます。

なぜならそれが脳のお仕事だから。「変わらなくても生きていけるんなら、変わって生存リスクを下げるよりそのままでいようぜ!」というのが生存本能で、本能だからこやつは強敵です。

先日のワークでは、このブロックの外し方を教えてもらいました。

「変わったら怖い」「起業したら怖い」「成功したら怖い」と思う時、「変われたら」「成功したら」「誰かに何か言われるのではないか?」「誰かとの関係が変わってしまうのではないか」そんな恐れが実は頭をよぎっています。

ワークでは

  • 失敗したとき、誰か(名前と顔が一致する身近な誰か)が言いそうな、言われたくない言葉
  • 成功したとき、誰か(名前と顔が一致する身近な誰か)が言いそうな、言われたくない言葉
  • 逆に、成功したときに誰か(名前と顔が一致する身近な誰か)に言って欲しい言葉

などを書き出しました。

まずは誰の顔が思い浮かぶか。そしてその人が言いそうな言葉。

私の場合は父、母、そして姉。そして友人数人。

父の場合には、失敗しても成功しても「これから大変になるぞ」という言葉が浮かびました。

母の場合には、失敗したときの言葉、例えば「自分で選んだんだからしょうがないよね。」などはたくさん出てきたのに、成功したときに言って欲しい言葉がひとつも出てきませんでした。

母はもう10年以上前、震災から2週間後くらいに亡くなっており、もう話をすることはできません。でもあまり会いたいという感情はなく、「生きてたら子育てにしろ何にしろ、いろいろと言われたろうな。」という思いがずっとありました。

父が言いそうな「これから大変になるぞ」という言葉は、恐らく私の成功のブレーキになっています。売れば売るほど忙しくなって苦しくなる。。のような。

ブロックに気づいたところで、ではそれをどう解除していくのか。

メンターさんいわく「無理やりにでも、その人たちに感謝の言葉を書き起こしていくこと」だそうです。

まだ私はここまで出来ていません。

これはこのお正月休みの宿題。

自分の心と向き合うのは正直しんどいし、誰かのせいにして怒っているほうがはるかにラクだったりします。が、きっと今やらないとならない時なんですよね。

やってみてどうだったか、出来たらまたご報告します!

にほんブログ村 その他日記ブログ アラフィフ女性日記へ
にほんブログ村「アラフィフ女性日記」ランキング参加中です。ポチッと応援お願いします♪

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる