【必読!】ひとり起業を幸せに続けるための5つの条件とは

幸いなことに腫瘍はすべて取り切ることが出来ました。が、病理検査の結果やその他の条件から微細なガン細胞が散っている可能性が捨てきれず、再発予防のための抗がん剤投与を受けることになりました。

抗がん剤というと、脱毛し、倦怠感で朦朧としながら吐き続けるイメージ。。。

でしたが、今は副作用(特に吐き気)を押さえる良い薬も開発されて、一昔前のイメージとはだいぶ違うようです。(あと、映画やTVだと、副作用に苦しんでいるほうがドラマティックなので、つらいイメージが誇張されている面もあるようです)

それでもまぁ毎日極楽💕というわけにはいかないので、それなりに覚悟をしています。

メンタル的なことも含めてですが、こういう時、本当にやりたいことじゃなかったら続かないだろうなーと実感しています。

病を得たことで、幸せなひとり起業を続けられる条件が、とてもクリアに見えてきました。こんな経験をしたからこそ書けることもあるんだなーと思います。

目次

幸せひとり起業を続けるための5条件

私が実感した「長く、幸せに、ひとり起業が続けられる条件」は下記の5つ。

  1. 出来ることではなくて、楽しいこと、得意なことで起業していること
  2. 自分以外の人の成果に貢献している実感がもてること(誰かのために頑張る!)
  3. なぜそれをやるのか(自分がやる必要があるのか)腹落ちしていること
  4. 「お互い様」と言って助け合える仲間がいること
  5. 自分の時間を犠牲にすることなく、望む収入が得られること

どれかひとつが欠けても、幸せひとり起業は続かないと感じています。

ひとつひとつ、説明していきますね。

出来ることではなくて、楽しいこと、得意なことで起業していること

これはもう、当たり前っちゃ当たり前!

本当にしんどい時、楽しいと思えることでなかったら、やる気しないですよね!!

ここでのポイントは、起業ネタを探すとき、出来ることではなくて楽しいこと、強みが活かせて呼吸するように自然に出来てしまうことを選ぶことだと思います。

中学生の時を思い返してみてください。もしあなたが、「数学は苦手、でも体育の授業は得意だし何をしても楽しい!」と思う生徒だったとしたら。

気持ちが乗らない雨の月曜日。朝いちの授業が数学だったら最悪です。でも体育の授業は楽しくて、ずっとやっていてもいいくらい。

「儲かりそうだから」あるいは「出来ることだから」で始めたビジネスは、「雨の月曜日の朝イチの数学の授業」です。体調が悪い時、気分がのらない時、続けるのは難しい。。。メンタル的にもきついものになって、結局続かなくなると思います。

「こんなに楽しいことでお金もらっていいの?」ということで起業すれば、体調がしんどい時でも続けられます。自営業の最大のリスクは働けなくなることですが、そう考えると「やりたいこと、楽しいことで起業する」は最高の安全保障、保険なのかもしれません。

自分以外の人の成果に貢献している実感がもてること(誰かのために頑張る!)

もともと仕事は誰かの役に立って、その対価としてお金を頂くもの。

だから貢献していないお仕事はないはずなのですが、それが実感できるか出来ないかは、モチベーションに大きくかかわるところだと思います。

私は「自分の名前で稼ぐ力をつけることで、人生を自分で選べる人を増やす」ことを目的に働いています。

なので、クライアントさんがどんどん成功していくのを見ると、とても幸せです。

クライアントさんだけではありません。私はメンターさんと協業する形で仕事をしていますが、私がお仕事を進めることで、メンターさんにも貢献できている実感があります。

この人のために、この人たちのために頑張ろう!と思えること。自分のためだけに何かし続けるのは、なかなか難しいです。でも、誰かのために、と思えたら多少のしんどさは飛んでしまいます。

なぜそれをやるのか(自分がやる必要があるのか)腹落ちしていること

私がなぜこの仕事をしているのかは、上段に記載した通りです。

病を得て、「あぁ人間てホントに死ぬんだ。自分もまじでいつか死ぬんだ!(驚)」と気づいたとき、「私が死んだら、子育てをしながら長年働いてきた経験も、あの経験も、この経験も、誰にも活かされることなく消えてしまうんだ、もったいない!」という気持ちがわいてきました。

ずっと自分がやってきたこと、学んできたことで人助けが出来るのに、もったいない、と。

私は会社がイヤで仕方なかったのに、お金のために会社にしがみつき、苦しくて仕方なかった経験があります。その経験から、「お金のために」「会社や配偶者にしがみつかないと」と苦しい思いをする人を減らしたいと思っています。

今が多少しんどくても、何のためにやるのかが明確だと続けることが出来ます。また、自分が必要とされていることも実感できます。

「あぁ、私はこのために生かされているんだ」というミッションに気づいたとき、「やらないわけにはいかない」という気持ちにさせられます。

「お互い様」と言って助け合える仲間がいること

ひとり起業は、仲間がいないと本当に孤独です。すべてを自分で決めないとなりませんし、ちょっとしたことを聞く相手もいません。

また、例えば体調を崩したとき、ちょっとだけでも仕事を変わってもらえたり励ましてもらったり、あるいは愚痴をこぼしたり、そんなことが出来る仲間がいることは大変幸せです。

私もいくつかコミュニティに参加しています。特に一緒に朝会(毎朝7時からZoomをつないで、集中して重要な仕事をする時間)に参加している仲間や、この「あなた商品化(R)」の開発や講師をされている方々には、いろいろなところで支えて頂いているのを感じます。

「あなた商品化」を受講頂いている方々には、【@half-past】という起業支援コミュニティが用意されています。朝会の仲間も、講師仲間も、このコミュニティのメンバーです。批判・否定禁止のディスカッションの場があったり。お互いの起業を応援しあったりしています。

こういう場を持つことの重要性をとても感じています。

「自分はひとりではない」ーそう思える場所に是非参加してみてください。

自分の時間を犠牲にすることなく、望む収入が得られること

本当に幸せなひとり起業をしようと思ったら、時間の自由はとても重要だと思います。

家族に使う時間、自分の幸せのために使う時間、そして体調にあわせて働ける自由。それが無かったら、ひとり起業はただひたすら苦しいものになってしまうことでしょう。

時間の自由を確保しながら、望む収入が得られること。これは幸せなひとり起業を続けるうえで、最大のポイントかもしれません。

起業して事業が軌道に乗るまで、もっとも時間が必要なのはセールスです。単に営業をするというだけでなく、集客のために交流会に行く、セミナーをする、個別相談をする、人と会う、これらみなお客様を得るためのお仕事です。

低単価だったり、また受注率が低い商品・サービスで望む収入を得るためには、とんでもなくたくさんの見込み客が必要です。月に30人、50人の見込み客がいないと望む収入が得られないとしたら。残念ながら、あなたはひたすらセールスに時間を取られることとなります。

時間の自由を確保しながら望む収入を得るためには、しっかりとした高付加価値(高単価)でも売れるビジネスを創り、3人セミナーにお呼びすれば1人が買って頂けるようなセールスの流れを作ることが重要です。

そしてこうした商品・サービス、セールスの流れを作ることは、やり方さえ知っていれば誰にでもできます!

私もこのあなた商品化のメソッドを使って起業し、のぞむ働き方が出来ています。

病を得た今だからこそ、この「3人集客すればひとりが買ってくださる高単価ビジネス」のありがたさをつくづく感じています。

時間の自由を得ながら、お客様に感謝されながら、お金を頂ける働き方を広めたい。そして、会社や配偶者などにお金のためにしがみつくのではなく、自分自身で稼いで人生を自由に選べる人を増やしたいと思っています。

思うように働けなくなって、逆に幸せひとり起業の条件に気づいた

女性は特に、子育てや家事、その他の事情で、24時間365日フルスロットルで働くわけにいかないという方が多いです。私は子供も大学生になったので、仕事に注力することが出来ていました。が、今回病を得て、どうしても体調優先にならざるを得ない、そんな状況です。

それでも、ちゃんと幸せに仕事が出来、納得の収入を得ることが出来ています。

時間に制約のある女性にこそ、限られた時間でちゃんと成果をあげられるビジネス創りが必要だと感じています。

例えガンになっても、生きがいがあり、収入がある生活が出来る。。やっぱりこれ、最高の人生保険では?!

そんな幸せ起業を、これからもサポートしていきたいと思います!

にほんブログ村 その他日記ブログ アラフィフ女性日記へ
にほんブログ村「アラフィフ女性日記」ランキング参加中です。ポチッと応援お願いします♪

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる