ダイエットも起業も同じ!継続に必要な3つのコツ

久しぶりに「『職業=わたし』月35万円を5ステップで実現! 時間と場所にとらわれず自分らしく働きたいアラフォー女性のためのあなた商品化セミナー」開催しました。

来てくださったのはアラフィフ女性がおふたり。

ひとりは起業して丸2年が経った方。19年1月に物販で独立したものの、すぐにコロナに見舞われて売上が全然立ってないんです。。という方。

そしてもうひとりは看護師として病院に勤務されている方でした。すぐに起業したいわけでもないけど、副収入が欲しい。病院の外でも違った仕事をして、医療系人材の新しい働き方を見つけたい、そんな想いを持っている方でした。

看護師の方は「今すぐ独立したい!」というわけではないようなので、これからゆっくりと考えていかれるのかなという感じです。

そんな時って楽しいのですが、目先の忙しさに紛れて「自分で仕事したい」という気持ちがいつの間にか消えてしまったり、起業に向けて気持ちを保つのが難しかったりします。

これってダイエットと一緒!

気持ちを持ち続ける、継続するって意外と難しんですよね。

ただ闇雲に頑張るのはツラすぎる。。ってことで、継続するための3つのコツをご紹介します。

目次

継続するためのコツその1:欲しい未来を具体的に描き出す

人間は目先の利益を大きく感じて、将来の利益を小さく感じる思考のくせがあるそうです。

「今すぐ1万円もらうのと、1年後に1万5000円もらうのとどっちがいい?」と聞かれたら、私だったら目先の1万円を取ると思います。「1年後に生きてるか分からないしね」とか、「1年後のお金の価値なんか分からないしね」と理由をつけて(笑)

1年後に1万5000円もらって喜んでいる自分がありありと描けて、その1万5000円の使い道まで想像できて、今1万円もらっちゃったらその未来は来ないんだ、と思えたら、目先の1万円を我慢できるかもしれません。

「1年後に起業する」「1年後に副業を始める」という目標を立てても、実現が難しいのはその夢に具体性がないから。ダイエットも同じで、1年後のイメージが鮮やかであればあるほど、成功すると言われています。

そいうわけで、コツのひとつめは「なりたい自分や欲しい未来を具体化する」です。

ダイエットだったら「体重」「サイズ」だけでなく、どんな服を着てどんなところへ行き、誰にその姿を見せているのか。そして何といわれているのか。そんなことを書きだします。あるいは、そんなイメージを絵にしたり、イメージに合う写真を集めたりして具体的なイメージがすぐに目に浮かぶようにします。

起業だったら、「働く時間」「休暇に何しているか」「友人関係は?」「趣味の時間は?」「旅行に行く?」「どんなところに住んでいる?」「いくらくらい収入がある?」「どんな気持ちでいる?」こんなことをどんどん書き出していきます。もちろん「ビジョンマップ」などの画像にしても良いかと思います。(「ビジョンマップ」についてはネットで検索するといろいろ出てきます!)

継続するためのコツその2:短期の目標を設定する

1年後に〇キロ痩せる、ではなかなかモチベーションが保てないもの。

ダイエットだったら「1ヵ月でこれくらい痩せる」といった短期目標を立てると思います。

もっと細かくやるなら、「1週間の摂取カロリーをこれくらいにする」という人もいるかもしれません。

で、起業する場合も同じです。

「1年後には起業する」の目標だと、3か月後も、半年後も同じ目標をかかげているということになりかねません。

やっぱり短期の目標が必要です。

「3か月以内にネタを見つける」とか「次の3か月でお試し顧客を探す」とか。でも起業の場合はダイエット以上に「何をすればよいのか」が分かりにくく、短期の目標が立てにくいかと思います。

そんな時のお勧めはやっぱりプロの起業コーチにつくことかなと思います。

プロの起業コーチは、何から始めればよいか、あなたの状況を見て、一番効率の良い進め方で起業準備を手伝ってくれるはずです。

あなた商品化(R)起業術で言えば、まだ「やりたいことが明確でない」「起業したけれどビジネスの軸がぶれている」方には「なりたい自分と起業のテーマ探し」コースからお勧めし、その中で自分自身を見つめることからスタートします。

やりたいことやその理由がちゃんと定まっていて既に起業している、でも売上がどうしても厳しいという方には、その先の「ビジネス構築」のコースからのスタートをお勧めします。

コースでは課題(ワーク)に取り組んで頂き、2週間に1回程度、グループや個別でフィードバックや質疑応答、コーチングを行います。こうした取り組みを短期目標に、ペースメイクをして頂くと良いのかなと思います。

継続するためのコツその3:ひとりでやらず仲間を作る

ダイエットもひとりで続けるのはなかなかしんどいもの。アプリを通じて仲間とつながり、お互いの成果報告をするなど誰かと一緒だったら続けられるという方も多いのではないでしょうか?

起業も実はひとりでするのはとても大変。

会社を辞めてから思ったのですが、会社にいた時には何かあっても「隣の人にちょっと聞いてみる」とか、「仲間と仕事を分担する」「愚痴を聞いてもらう」なんてことが出来ました。でも、まったくのひとり起業になってしまうと、そうした場がなくなってしまいます。

人間、ひとりはやっぱり弱いです。どこかに所属したい生き物でもあります。そうしたとき、是非、「自分が目指したい、ちょっと先を行く先輩」がいる起業コミュニティに入ることをお勧めします。

起業家コミュニティやビジネス交流会、たくさんあります。気が合う人がいるかどうかも重要ですが、下記ふたつはホントに重要なのでよく見てみてください。

・主催者の志(なぜこのコミュニティを運営しているのか、何を目指しているのか)

・目標にしたい人がいるか

人はどうしても環境に染まります。

キツイ言い方となりますが、周りの人がみな売れていないコミュニティであれば、売れていない人の行動や常識にどんどん染まっていく恐れがあります。

一方で、あまりに目標が高すぎると(周りが先に進みすぎていると)、「自分はまだまだ」「あんなふうになるのはとても無理」と感じてしまいます。

売上1000万を目指すなら、それを達成している人がたくさんいるコミュニティを探してみてください。

ちなみに私は【@half-past】というメンターさん主催の起業支援コミュニティと、UKAという女性起業家支援のコミュニティ、そしてニーズマッチというビジネス交流会に入っています。

メンターさんが良く言っているのですが、ホントに「ひとり起業禁止!」です。

仲間と一緒に進むことを考えてみてください。

私の起業して早1年が過ぎました。おかげさまで無事にお仕事出来てます。これからも体験交えつつ、起業のコツなどお伝えしていきますね!

にほんブログ村 その他日記ブログ アラフィフ女性日記へ
にほんブログ村「アラフィフ女性日記」ランキング参加中です。ポチッと応援お願いします♪

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる